人が自立的に動き ”成果が上がる組織” をつくりませんか?
~ 仕事に対しての基本的な価値観を共有した上で、個性を発揮してもらう ~

  • ・社員が自ら動いてくれず、
    社長1人が、理想に向かって、頑張っている。
  • ・社員への期待が伝わらない。
  • ・人がなかなか育たない。続かない。
  • ・仕事を安心して任せる人がいない。
  • ・現場の計画を作れる人がいない。
西堀中小企業診断士事務所

というような、
“現場に対するストレス”はありませんか?

マネジメント(経営者の任務)の基本

  • ・出発点は「計画」にあり
  • ・マネジメントの最も大切なところは、
    誰に何を任せるか」を決めること!!
しかし
  • ・計画を作れる人材はいない
  • ・仕事を安心して任せることができない
であれば
  • ・現場の計画、社員の役割を作りながら人を育てる
    (計画・各自の役割を作るプロセスが重要・・・・
  • ・仕事を任せきらない(時々、たずなを引く、、、

なので、
目標管理に着目する。
評価の道具ではなく、
仕事を達成するための道具!

誰に何を任せるかが含まれていることが重要、
自律的にPDCAが回る現場を作る。

PDCA

人と組織の力

  • ・立派な計画
  • ・実践できない従業員

  • ・そこそこの計画
  • ・それを、やりきる従業員
    やることで伸びる、
    人が育つ、、、、^o^♪

目標管理は、
経験の浅い人達が、
実行の過程で仕事を考える事によって、

不十分ながらも、
組織の力を高めていく取り組み。
大事なことは、仕事の目的を考え続ける
仕組みを整えること!

PDCA

人が自立的に動き ”成果が上がる組織” づくりのながれ

理念に共感・納得してもらったうえで、
まず、個人のプライベートビジョン・目標を明確にします。


人生を楽しんでいる人ほど、「幸せの価値観」が明確です。
プライベートビジョンを実現するために、仕事を頑張ろうとするエネルギーが湧いたところで、
チーム(職場)の目標を明確にしていきます。
 
 
仕事に対しての基本的な価値観を共有したうえで、
共通(チーム)の目的・目標に向かうプロセスの中で、
職場活性化の3要素、

 「会社やリーダーへの共感・信頼」

 「仕事への納得・満足・誇り」

 「仲間意識」
を醸成していきます。

◆STEP01

現場の使命を作り上げる

  • ・現場に対する期待出し
  • ・価値観を揃える

(社長・職場リーダー)

◆STEP02

現場の目標設定

  • ・現場の任務の検討
  • ・目標項目&レベルの検討

(職場リーダー・メンバー)

◆STEP03

メンバーの役割形成

  • ・個人毎の役割検討
  • ・チーム内で役割調整

(職場リーダー・メンバー)

◆STEP04⇒◆STEP02

振り返り(月末・期末)

  • ・達成度、課題の確認
  • ・目標・役割の見直し

(職場リーダー・メンバー)

 
☞ ホメホメワーク
・理念の浸透には、前向きな気持ちやビジョンに向かって進んで行く
 という想いが大切になり、それには”自己肯定感”(好き)や
 ”自己効力感”(やれる)が密接に関わります。
・ホメホメワークは、毎日、自分(または身近な人)の行動を振り返り
 ホメル点を探し、共有。ホメル敷居を低くします。
 
 
☞ モチベーションマネジメント研修
・たとえ影響力が小さくても、
 自分から行動を起こせば状況が好転していくことに気付いてもらう
・自分から行動を起こすきっかけを提供する
・行動内容を決める

 
☞ チームワーク向上研修
・個人の自立を促すことを通して、チームワーク向上をねらう
・自分から行動を起こすきっかけを提供する
・行動内容を決める

 
☞ リーダー研修
・リーダーとして仕事を成功させるために、求められるスキルをおさえる
・階層別に見る3つのスキルをおさえる
・行動内容を決める

  • 中嶋哲夫先生の著作である『鍛えあい、助け合う自律的職場を作る目標管理基本研修テキスト』から「マネジメントの基本」、
    「組織の力」の説明箇所を引用しています。
  • ※打ち合わせを行って、テーマ、期間・回数等、ご要望に応じて、プランを決めさせていただきます。
    ご相談や事前の打ち合わせで、費用は発生しません。お気軽にお問い合わせ下さい。
ページ上部へ